« | トップページ | お前の血は何色だ »

2007年10月23日 (火)

臭いやねん臭い

俺は福岡で生まれて、思春期を、もっとも多感な時期を、博多で過ごしたんですけど、その割にはあまりとんこつラーメンが好きではないというか、ラーメン自体あまり好んで食べる方ではないし、食べたカップラーメンの種類で言えば、味噌ラーメンの方が多いかも知れない。

ましてや、昼食は2日に一度はラーメンで、血糖値をあげて寿命を自ら下げてしまうような馬鹿では、断じてない。

しかし昨日の夜は無性にとんこつラーメンが食べたくなり、12時ごろに、近所で美味いと評判のラーメン屋に言ったわけです。

九州ラーメンという文字の横に、「超こってり」って書いてあったから、それを頼んだ。

しかし何かが足りない。俺は決してラーメン通ではないし、味の良し悪しが分かるほど舌は肥えていないけど、明らかに何かが足りない。そして気づいた。

臭さが足りないのだ。とんこつ独特の臭さが無いのだ

俺は店内にいる何人かの客に言いたかった。お前達は西新商店街の、あの博多ラーメンという店の前を通ったことがあるのか。臭いをかいだだけで吐きそうになるあの臭いを。しかしその吐き気を飲み込んでみんな必死に暖簾をくぐるのだ。

臭いだよ臭い。ラーメンも人間も

|

« | トップページ | お前の血は何色だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/67433/8573426

この記事へのトラックバック一覧です: 臭いやねん臭い:

« | トップページ | お前の血は何色だ »