« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日 (火)

ポエマーな俺

普段は硬い殻に閉じこもってるのにね

けどそれは、本当は柔らかくて、誰かが入ってきてくれるのを待ってるのかな

内側から一生懸命願う君を、その殻はすっぽりと覆ってしまってるから分かりづらいのさ

蜂蜜に鉄を落とし込んだようにどっぷりと

浸かってしまえば楽なのにね。そうはいかないよ。跳ね返しちゃう君を弁慶さえも怖がった

牛若丸の刀だけがその殻に光を射せるんだね。

ノックをすれば、青い目をした君の召使が、鬱陶しそうな目をしてやってきて、決まってこういうんだ「しばらくの間苦しんでください」って

そんな危なっかしい所が、なんで体の表面に出てるんだろう。なんだか神様の悪戯っぽくてムカついてきたよ。

スネを、打ちました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

金閣寺

姉に彼氏ができた模様です。それに伴い、自分の部屋を片付けだしたとか。彼氏を部屋によぶつもりなのか。はたまた、実年齢を考えてここいらで改心でもしようと思ったのか。

とにかく、近いうちに福岡直下の大地震でも来るのではないかと本気でヒヤヒヤしてます。皆さん十分に注意してください。俺にとってこの事態のありえなさは、細木数子がガングロ女子高生に言い負かされて涙ぐんでるか、小泉首相がヤケクソになって金正日に殴りかかる位に、ありえないんです。

彼氏さんには心から感謝しています。たとえこれが一過性のモノだとしても。洗濯物もまともにたためない姉を彼女にしてあげるってことに、僕は手作りの感謝状でも贈りたい。

さてさて、今日は久々に長くなりそうな気分。

 

題名にある金閣寺ですけど、皆さんは三島由紀夫の金閣寺を読んだことがありますかね?

この作品は、あるお寺に生まれた、ある感情が欠落した、ある少年の話しなんですけどね。

この少年は、生まれつきドモリ(言葉を発する時に最初の発音が上手くできないやつね)で、さらに歩き方のおかしい少年で。

物心ついたときから、親父さんに「この世で金閣寺ほど美しいものは無い」って教えられてきたんですよ。

そしてその少年は青年になり、自身の目で金閣寺を見ることになる。彼にとって、これまでの人生で金閣寺とは絶対的な美であり、超啓示的なものっだったんです。そしてし知らず知らずの内に、金閣寺に支配されてしまうんですね。心だけじゃなく、身体も。

何かをする度に金閣寺を思い出してしまったり、例えば、美しい女性の裸を目の当たりにしても、それを美しいと感じなくなるんです。究極的には、金閣寺が神様。みたいな

まあ三島由紀夫の作品を説明しようとしても、俺の安っぽい頭じゃ文字に変換できないんだけど、ご存知の通り、その少年は、最後には自分で金閣寺に火をつけちゃうんです。そうすることで、初めて自分を金閣寺を切り離すことができた。つまり「自分」になれた。っていうなんとも難しい話なんです。読んだこと無い人は、一度読んでみてください。多分面白くないです。

んで、金閣寺が今日の話にどう関係するかというと、まあ単に恋愛の話しなんですけど。

自分にとっての「金閣寺」を、俺はやっと燃やすことができたんです

俺には今の彼女ができる前、どうしても忘れられない女性がいました。その人とは高校時代付き合っていたんですけど、なんとも魅力的な人で(少なくとも俺にとってですけど)

モノを口に運ぶしぐさ。髪をセットするしぐさ。いつも出かけには何かを忘れて慌てるしぐさ。何もかもが好きでたまらなかった。

そんな彼女とも別れてから、ずっと忘れられないでいたんです。

忘れられないって言うよりも、頭の中のどこか一部を支配してた。少年にとっての金閣寺みたいに。全ての基準が彼女になってしまって、女の子とデートする時も、ご飯を食べる時も、セックスする時も、相手には失礼だけど、俺はいつも彼女を思い出してたんです。「ああアイツはこうやってたな、あいつはこんな匂いだったな」とか。

まるで俺の脳味噌に、くもの巣がベッタリ張り付いて糸を引いてるように。それはどんなに引っ張ってもどこまでも着いてきて、それでいて見えなくて、切れなくて。

どうしようもなく俺を引っ張ってたんです。しかも大事な時ほど強く。

会って間もない女の子とセックスする時は、まるで俺を落とし入れるかのように、それは存在を感じさせないくらいに軽くなったんだけど、少し親密になって、好きになりかけた女の子の時になんかは、身動きが取れないくらいに苦しくさせた。まるでその思考自体が一つの生き物で、意思をもって、俺に寄生してる気がした。

だけど最近、その感覚は全く感じずに済んでたんです。存在自体忘れてた。

そして昨日、元カノにメールをしたんです。携帯にアドレスは入ってなかったから、パソコンに偶然残ってたんで。

前の俺だったら、絶対にメールできなかったと思う。一度連絡なんか取ったら、また思考が支配されそうで怖かったし。

けどメールができたのは、もう大丈夫だって自信があったから。

送った内容は、まあ最近どうよ。今度久しぶりに会わない?てな感じの内容だったんだけど。

返ってきたメールは「元気だよ。私はアナタを傷つけてしまったことを今でも引きずってる。だからそう簡単に、都合よくは会えない。ごめんね」って。

ああ相手も、俺程じゃないにしても、心に金閣寺をもってるんだな、と思って。そして俺の金閣寺の存在にも気づいてるなと思ったから、

「俺はもう大丈夫だよ。お互い大人になったんだ。金閣寺はもう燃やせるよ」って送りました。多分何のこと言ってるんだか分からなかっただろうな笑

その後はメールは来なかったけど、近いうちに会うとしても、俺は平気です。きっと自分でも驚くくらいにスラスラ話せる。彼女の目から自分の目をそらさずに。燃えカスは拾って、ダンボールにでもつめときます。「金閣寺」とでもラベルを貼ってね

_028_1

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年8月25日 (金)

一段落

今日はいっぱいセックスしました。明日地球が滅びるのかってくらいに。ゆうきんたです

23、24とキャンプに行ってきたんですよね。大学の友達と

大学に入学した頃には、同じ学部の友達とキャンプに行くなんて想像もしてなかった、っていうか逆に行きたくなかった。って感じだったのに。なんとも幸せな男になりましたな、俺も

大分の、玖珠って所に行って来たんですけど、田舎だし山の中だから、星がすごく綺麗で

福岡じゃ絶対に見れないだろうなって思いました。右脳だか左脳だか知らないけども、刺激されまくった。

そしてその夜に飲んだ酒の量もパンパじゃなかった。一応幹事だったもんで、お酒と食べ物が不足するようなことは避けようと思ってたんですが、甘かった。終始吐き続けた女の子が一人。

んでその帰りに、キャンプのメンバーの数人で、福岡の某有名ホテルのスパに行ってきたんですけどね。聞くところによると年会費がウン十万円らしいですよ奥さん。まあ友達がバイトしてたので、タダで入らせてもらって

もうね、セレブって言葉の意味を初めて知りました。真昼間から屋外のプールの横でビール飲んでる人いるは、雑誌ばっかり読んで、何のためにここにきたの?ってオバちゃんもいるわ、ジャグジーもあるのに更衣室の横にお風呂があるわ、そんなに俺は汚れてないですよって。

_112_1

なんだか夏休みに計画してた事を、着々を消化しているけども、同時に寂しさも残りつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月20日 (日)

ず~ん ず~ん ズンズンズンズンズン

じゃじゃ~ん!!!ゆうきんたまだよー!!

上は登場シーンに関する効果音です。ウザいね

今日はバイトは休みでね。寝倒しましたよ。ああー好きなだけ寝れるってホントに素晴らしいな。大学生だけだよね。小学生も中学生も高校生も時間に追われて、ましてやサラリーマンなんて・・・ おっと

今はバイトの毎日。それでも夏休みの間に目標の金額が貯まるかはクエスチョンマーク

ベトナムに行こうかなーとか思ってんのネ。ベトナムがどこら辺にあるかも把握してないくせに。多分行くでしょうね。21年生きてきて自分の性格がつかめてない俺だから、「俺の性格からして絶対に行くと思う」なんて言えないけど、今まで何度か経験した、その流れから言って、多分行きます

さあ話しは変わって、昨日の話。夜の9時くらいにバイトから帰ってきて、ご飯食べて風呂に入って、さあー明日は休みだから今日は安心して眠れる。なんて思ってた矢先

大学で仲のイイ女友達から電話「もしもし、今ゆうきんたの彼女と飲んでるんだけど、酔っ払ってるから迎えに来てくれ」との事。時間はPM11;30。指定された場所まではバイクでおよそ30分

ちょっとだるかったんだけど、ちょっと前に起こした俺の懺悔の為にも(断じて浮気ではない)笑顔でOK

俺の彼女はカナリお酒は強い、気を緩めたら俺も潰されるかもしれないくらいに。

だから酔いつぶれてるなんて、よっぽどの量を飲んだんだろうなと思いながら現場に向かうと、ソコは地獄絵図。もう収拾がつかなかった

なんつかー、んー、えーっと

疲れたなーって

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2006年8月15日 (火)

とても

寺島しのぶが、美しいと、思った。

それだけ 

るる子さん。俺も同じ香水だよー

_094

ゴレンジャー  みたいな

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2006年8月14日 (月)

バイトばっか

近頃の生活

朝7時起床→8時30分、バイト現場到着→10時、第一休憩→12時昼間飯→三時、第二休憩→六時バイト終了→8時、彼女または友人と飲みに行く→12時就寝→7時起床  

みたいな。

工事現場のおっちゃんて、八割がた何を言ってるのか聞き取れないよな。

今は県庁に新館ができるから、それの内装とかやってるんだけど

お役所はホワイトカラーの象徴。工事現場のおっちゃんはブルーカラーの象徴。なんだか人間模様が見れて楽しいし、色々考えさせられるよ。

とりあえずセックスしたよ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年8月 7日 (月)

健康への道

アイアム夏男 どうもゆうきんたどぇーす

昨日は夕食に何を食べるかすごく悩みました。多分1時間くらい。

カップラーメンは家にある、それにコンビニで納豆巻きを買って主食重視の量重視か・・・・

いやいやスーパーでモヤシと豚肉を買ってモヤシ炒め&トコロテンでヘルシーさも重視か・・・・

おっとホカ弁でチキン南蛮が安いぞ。出来上がってるからすぐに食べれる。スピードと安さ重視か・・

散々悩んだ挙句ひねり出した答えは

「棚からはみ出るくらいに余ってるそうめんを食い尽くす」でした

そしてそうめんを三本分食ったところで友達からの電話「今から餃子くいに行こう」なんとタイミングのイイ男か。

お腹は一杯だったど、餃子といえばビール。上の句がビールなら下の句は餃子。お酒がのめるじゃないですか。はい参加決定ーー!!

まあまあ、そんな経緯はどうでも言いとして、タイトルなんですけどね。友達と餃子食ってビールも飲んで、さぁ一服でもしようかーと思ったんですよ

するとその友達が、なんかピンク色の可愛らしいタバコを取り出してるじゃないですか。しかもそのタバコは1mg。。前まではセブンスターを勝新太郎ばりにスパスパ吸ってるくらいのヘビースモーカーだったのに

なんでタバコを変えたのかって聞くと、「社会人になってからいつでも止められるように軽くした。」って

なんでピンク色の、まるでキャバクラ嬢が吸ってるようなタバコにしたんだ?と聞くと、「これは全然臭いがタバコらしくない、むしろバラの香りがして香水要らずなんだぜ、しかも見てみろよこのジャケットのデザインを!めちゃめちゃカッコイイだろうが!オシャレだろうが!いい香りの上にこのデザイン、絶対に女の子にモテる」とのこと

なるほどー 俺もいつかはタバコを止めようと思ってたし(全然ヘビースモーカーじゃないけど)今から軽いタバコにして伏線張った方がいいなと思った

別に女の子にモテたい訳じゃないけど、ピンクのデザインもイカシてると思ったし、タバコの臭いを嫌悪する人のためにも、このタバコはいいなって思った(今までは赤マル愛好家だった)

なので、早速今日からタバコを買えてみました。1mgは少し軽すぎる ていうか吸った気がしないけど、多分大丈夫です。pianissimoってタバコです。暫くはこれでいきます。

タバコだけに、煙のような身の変わりよう。お後が宜しいようで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

マジ半端ねぇ

久しぶりに何かまともなことを書いてみようって思いました

題名のこと。

なにが半端ないのかっていうと、最近の酒の量が半端ないっす。

今日は絶対に飲まないでおこうって思ってたのに「四日連続34度超えだぜ」って理由で飲んでしまいました。四日連続って、そりゃあ飲まなきゃ馬鹿でしょ!ってお前が馬鹿だ。みたいな

酒を飲んだら、やっぱり会話のトータル語数も多くなるわけで、けどそれは酒の力を借りて振り絞ってる、あまり実のない会話のような気がする。そんな真っ赤になった目で言っても説得力ないっすよ。ってな感じ

前にも書いたけど、やるべき事、話すべきこと、考えるべきことを差し置いて酒とこの季節の開放感に逃げてる自分が情けない。

必然的にお腹の周りに肉がついてきたかなーって。それもまた俺は痩せ気味だから少しくらい太った方が丁度いいんだよ。そんな出鱈目な理由をつけてまるで絶え間なく走ってるタクシーを見送るようにスルーしてる。「いつでも捕まえられるだろう」感覚。色んなことにおいてそんな考えが定着してる自分がイラツイて仕方がないっす

さあ、話しは変わって、今日は彼女のことでも。よくブログやミクシーの日記なんかに、「今日はダーリンと・・・・・☆」なんて書いてる人がいるけれど、見てて興ざめっていうか、別に人に言わなくていいからマイセルフで牛みたいに反芻してろよって思ってた。

超ステレオタイプなもんで、日本女性たるもの、男の愚痴は人に漏らすな褒め称えろ、決してのろけるな。って固定観念決め込んじゃってるから

とくに男がそんなこと書いてるなんて、気持ち悪くて見ていられない。

なのに、そんな嗚咽を催すような日記をここで書いてしまう(別にのろけじゃないけど)俺も気持ち悪いっすね

いやあ、特に言いたいこととかあるわけじゃないんだけど、一人の人間と向き合うのは本当にエネルギーを使うな~。と、前にも書いた気がするけど再確認した。

なんせこれほど一人の女に思考回路を持ってかれちゃうのって、高校生以来なもんで、あまった思考回路の合理的な使い方にまだ慣れてなくてバランスがいまいち取れないんです。

恥ずかしい話し、「いい男ってモンは、一人の女に気を取られてないで、常にバランス考えて、その中でほんの少し、彼女の占める割合が高いくらいがいいかな」って思ってたから、絵文字なんかほとんど使わない俺が絵文字使ってたり、逆に彼女からのメール絵文字入ってなかったりして少し落ち込んでる自分が格好悪くて耐えられん。

しかも、その彼女ってば、これでもかって位不思議ちゃん(自分で「私は不思議ちゃんです」とかいってる女は大抵違う。五分後に何するかさえも予想できる)自分のことを、「百人いたら絶対五十番目だ」位にまともって思ってるのがまた痛いところなんです

完全主導権握って、タクミばりに、お前は俺の帰りをシッポ振って待ってればいいんだよ。っていいたいのに、全然ダメです。ウンコです俺は

こんなに自分のペース崩されて、相手のこと気遣って遠慮する位なら、疲れて鬱病にでもなりそうだから、恋愛なんてしてられっかー!!!!

って全然思っていない自分がまた、幸せなのかなとも感じております。よっこの好色男!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 4日 (金)

無題

喉が焼けるように痛いです。タバコなんて吸えたモンじゃない。おまけに多分虫歯、いや、きっと虫歯。怖くて鏡を見ることのできない21歳の大学生、性別♂。経験人数は○○人。どうも、ゆうきんたです

けどビールは飲める。たとえ喉が無くても直接胃に流し込める。今日だってジョッキ5杯くらい飲んでしまった。外の気温とは裏腹に俺の財布は寒くなっていくばかりだ。

るる子さん退院おめでとう、クーラーの効いた病室から、いきなりこの暑さだからね、気をつけてくださいね

ああ、今日はちゃんと書くつもりだったけど、もうだめだ。脳細胞がいうことを聞いてくれない。と言うことでおやすみなさい。みんな、夏ばてにはセックスですよ(彼女とまだしていないのに)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »