« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日 (土)

夏休み

何度年を重ねても、夏休みっていう言葉には心躍らされますね。

それはまだ自分が子供でいる証拠。社会人になったらそんな言葉も完全に他人事って思うようになっちゃうんだろうな。夏休み=子供なんだ。

その年毎に、「ああ、あの出来事はたのしかったな」っていう記憶を、すぐには思い出すことはできないけど、多分すごく楽しかったんだと思う。温暖化で気温が上がろうが、水不足でプールに入れなかろうが、そんな事も酒のつまみにしながらイイ思い出に変えちゃうんだわ。

明後日の試験が終われば、人生で最後の夏休みの始まり。学生生活最後じゃなくて「人生最後」の夏休み。

楽しみ。っていうよりも、楽しまなきゃっていう、なんていうか変な責任感、義務感みたいな脅迫じみた感覚なんすわ。せっかくかわいい彼女もいることだしね。

けどそれと同時に、いよいよ就職先を決めなくちゃいけなくて、色々と家庭の事情もあって、内定先を全部蹴ってバイトでも・・っていう決定が難しくなりそう。ってか無理。

夢ってのは、様々な環境要因によって変わってもいいんですかね?それは、なんだか意思の弱い自分を肯定してしまいそうで。逃げを選択してるってことなのかな。一生逃げ続けてしまいそうですごく怖いです。

多分、一度行くって決めたら足踏みはしないだろうし、ちゃんと前を見て歩けるような気はしてるんだけど、それもまた覚悟の無さがあるようで。

しっかり考えなければ。夏の日差しのせいで考えられないなんて言い訳はできなしな。

そんな悩みだって、バーベキューで、花火大会で、夏祭りで、お酒の酔いで、そして何よりも人生最後の夏休みっていう決定的で絶大な事実の中で消化していくんだ、今日テレビで見た、悪送球で負けちゃった高校球児が、それでもイイ思い出にしちゃうようにね。

早く太陽の下でビールが飲みたいな!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月26日 (水)

キャント・ストップ・マイ・ピー

今日学校のトイレで小の方をしていたら、いつもなら用が終わる時間になっても、俺のジョニーは放水を止めませんでした。どんだけ小便するんだよって本気で怖くなりましてた。多分45秒近くはしてたんじゃないかと思います。どうもゆうきんたまです

テストもそろそろ山場を向かえ、なかなか忙しくなって更新も滞ってますが、もう少ししたらちゃんと書きます。おやすみなさい

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年7月21日 (金)

コアラのマーチ

どうも、テスト勉強中。福岡の車窓から。どうもゆうきんたです

実はですね、俺はコアラのマーチが大好きなんですよ。一週間に三回は食べてるかも知れない。あまりお菓子を摂取する方じゃないんだけどね。コアラのマーチは別。友達が来るって連絡があった時は、とりあえずコアラのマーチを頼むようにしてます。これ、ちょっとした「誰にもいえない秘密」ってやつですかね。いや、もっと皆さんがドン引きするようなネタはもってるんですよ?自己流オナニーのやり方とかさ

なんでこんなことを書いてるのか不思議でしょ?俺も不思議です。単に机の上にコアラのマーチの空箱がおいてあったのを見て書いただけなんですけどね。要は書くネタが無いって事なんですよ。

試験中だから彼女ともあまり遊べないし、かと言って真剣に勉強しているわけでもない。怠慢な大学生を地でいってるようなものです

あ、一応今日は、バイトの面接だったんですけどね。いやもう夏休みは遊ぶ気満々なんですよ。なんたって人生で最後の長期バカンスになるかも知れないわけだし。

けどお金がないと楽しめるものも楽しめないからね。夏休みの前半はバイトだけして、後半は遊ぶだけ遊んで。。ってスタイルにしたいわけですよ。

なんて書きながら、面倒くさくなってきたんで、今日はここらで辞めときますけど、過去のログを見て思ったことは、段々手を抜いてきてるなって。大丈夫、11月の大学祭には、去年と同様、小説を売りますから。もうそろそろ着手しようと思ってるんで、その頃にはシュールな言葉も書けるようになると思います。

おやすみなさい

PS。ブログ仲間のるる子さんが体調を壊して入院してるようで。ご回復を心からお祈りしてます。元気になったらまた下ネタ言って欲しいな

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2006年7月17日 (月)

恥ずかしながらの報告・・・

大事な人ができました。

前の日記に書いてた人なんですけど、色々と悩んで落ち込んでる時に気にかけてくれて

そんな感じです。彼女のことについてはまた話す時が来るかも知れません。

とりあえず報告でした

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年7月16日 (日)

ある日曜日

午前11時。安らかな眠りをけたたましい三度のインターファンによって起こされる。

開いてない目をこすりながら玄関先に向かう途中、四回目のインターフォンがなる。この時点で訪問人に殺意を抱く。

ドアを開けると一人のおばあちゃん。顔の面積の割りにやたらと目が大きい。

話しを聞くと、なにやら宗教系。「アナタに伝えたい言葉を持ってきました」との事。何故俺なのか理由を述べよ。

なにかしらの理由をつけてドアを閉めちゃえばいいモノを、一生懸命話している姿に気が咎めて、結局最後まで話を聞く。「アナタにとって人生とはナンですか」と聞かれ言葉を失う。今度来る時は予め電話してください。考えときますから。

午後1時、テスト勉強をしようと決意する。しかしあまりの部屋の暑さに発狂しかねない危惧を覚え(俺はクーラーが嫌い)天神のカフェでコーヒーでもすすりながら勉強する計画に変更。

すぐさま着替えを済ませ、バイクのメットを持って外へ出た時点で雨が降る出す。しょっぱなから出鼻を挫かれたが作戦B(バスで天神まで)によって難を逃れる。

最寄のバス亭に付くと、中学生らしきギャルの女の子三人組に遭遇。俺がタバコを吸おうとしてライターをつけようとするも、なかなか火がつかないのを見かねたミニスカートの子が「火かしちゃろか?」とライターを貸してくれる。礼を言うと、ミニスカートはその横で平然とタバコを吸い始める。

そして横にあった自動販売機をガツガツと蹴りだす。「喉渇いた~!ジュース出てこいちゃ!」と叫んでいる。お礼にジュースを買ってやる。

1時30分。天神到着。雨は上がって綺麗な青空から夏の日差しを受ける。そうだ、自分は雨男だったんだと思い出す。

その後、カフェに行く前に友達が働いているショップに顔を出す。偶然友達のお姉ちゃんも来ていたので、懐かしい気持ちになり地元話しに花を咲かせる。

その店の店長は今日は休みで、三人でくつろぐ。その後、俺が組み立て式のラックのような物に触れたとたん、そのラックが崩れる。悪びれる素振りを全く見せることなく店を後にする。

目的のカフェに行く途中、またま行きつけのショップに顔を出す。すると俺が前々から欲していたリーバイス646のビンテージを発見。早速はいてみる。

サイズもジャスト。値札を見てみると20000円と記載。痛く気に入った俺は財布の中身4000円、銀行残高6000円の状況をものともせず取り置きを申請。

三時、目的のスタバへ到着。その時初めてラテ以外の注文を試みる。喫煙席のテラス席で教科書を開き、勉強を始める。

四時。勉強に飽きる。携帯していた本を取り出し、ページをめくる。5分後、嵐のような眠気に襲われ机にうつぶせる。

6時、目を覚ます。横のカップルが心配そうにこっちを見ている。再度コーヒーを注文して勉強を始める。10分後、飽きて帰宅。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年7月13日 (木)

このカードじゃ上がれねぇ

クーラーが好きじゃない俺は、気温32の中、汗をキーボードに落としながら記事を書いてます。

最近では、俺の家には常に俺以外の誰かが居て、なんだか安っぽい貸し宿のオーナーになった気分で

睡眠時間も全然とってなくて、かといって試験前のこの時期らしく勉強しているわけでもないのです

だから久々に一人で過ごすことになりそうな今日の夜は、いたって実用的な行動をもって過ごそうと考えているんです

手始めに、部屋の掃除を始めると、ペットボトルやら空き缶やら、自分の吸わないタバコの吸殻やら髪の毛やら、、なんだか自分の部屋を掃除しているのに全然違う家を掃除しているような感覚になった。

枕についたあの娘の少し甘くてさわやかな残り香が、サイババのポスターを飾ってあるような俺の家には不釣合いで

そんなボタンの掛け違いのようなコントラストが消えないように、全開で開けてた窓を半分閉めた。

最近のブログを振り返っても、何て女々しいことを言ってるんだろうなんて思って

7時を過ぎても残ってる暑さと日差しが鬱陶しくて

クーラーをつけようと思ったけどやっぱりやめた

きっと今夜は、プリントに汗を垂らしながら試験勉強するんだろうなって思うと、また寝れそうにない事を予感できた

ちなみにタイトルは、大学の仲間の中で流行ってる言葉なんです

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月11日 (火)

混乱

こんなに分からなくなったんは、21年生きてきて始めてだ

何が分からないかも分からないから、やっぱり分からないんだ

なんだかパラドックス状態だなって思う

ただ、以前よりも大事さを増したモノってのはある。それが何かのきっかけになるのかも

もつれた糸は、文字通り糸口を見つけて丁寧にといていくのか

真ん中をぶっつり切って、二つにしちゃうのか

もつれた糸は捨てて、新しい糸をつむぎだすのか

とりあえ大きなお風呂に行ってこよう

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年7月10日 (月)

こんな時間なんですけど・・・

寝れません。眠たくありません

って言うか、今から洗濯でもしちゃおうかしら。って勢いです。

皆さんは寝てるんですか?

ええ、ええ、ええ、

これぞナチュラルハイってやつだな。勢いに任せて小説でもかこうかしら

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月 6日 (木)

しょ、勝負すっか?

学校の帰りにユニクロに寄ってね

別に何か目的を持って行ったわけではないので、とりあえず一通り商品に目を通すと

VネックのTシャツが売ってたわけでさ。白、黒、灰色の三色セットで1300円。

おお、安いじゃないかと。

しかし待てと

財布の中には1500円。お前は小学生か

もしお会計の時に、「消費税込みで1600円になります」とか言われたらどうしよう・・

そして決意し、購入。

帰宅して気づく。Vネック三枚なんて絶対に必要ない。寝る時着るのか?いびきかきながらオシャレイズム感じちゃうのか?絶対必要ね~だろうよ。おまえ死ねよ。

みたいな事を考えていた、ゆうきんた

実は今週の日曜日、大きなイベントを控えている。

そう、デートです!!!キター

前々から、そんな感じを臭わすような事を書いてたんだけどね。今日は詳しく語ろう。

前の彼女と別れてそろそろ半年、彼女でも作って残りの学生生活エンジョイしたいな~的なことを考えていたゆうきんた

しかしマジな話、好きという感情がいまいちよく分からない。いや、分からなくなっていた

「この人の、ここと、ここと。ここが好き。うん、だから俺はこの人が好き。付き合いたい」

そんな、ある意味数学の証明みたいに、論理的段階を踏まなきゃ、自分の気持ちに自信がもてなくなっとりました。

よく、好きに理由なんて要らない。とか、訳わかんなくなるくらい好き。とか言ってる人居るけど、理由も無いのに好きになるなんておかしいし、自分が訳わかんなくなったら好きなんていわれても説得力ねーよ。みたいな。要するに、「好き」という感情が、俺の中では定義付けされてないんス。いや、センチメンタリズムとかそうゆうクサイ事を言ってるんじゃないの、まじめな話しで

多分、高校の頃なんかは、そんな事分からなくっても、体で感じてたんだと思う、「この人好き」って

だけど今じゃこの様。こんなんじゃダメだよ。

そして思った、「とりあえずさ~、好きって分からないんだったら、可愛い子を彼女にしちゃえば?」

うん、なかなか合理的だ。

そして俺は、「とりあえず」俺の知り合った人の中でも、一番可愛い子をターゲットにした

ここで重要なのは、好きで付きあいたいのではナイという事。あくまでも、「落とす」と決めただけであって、その目標に向かって淡々と必要な作業を進めてるという事

そして今週の日曜、メールやら電話やらなんやらかんやら・・を二ヶ月以上続けてきたその作戦が山場を迎える

その子とデートなのだ

はっきり言って、その子、略してS子は、超可愛い。どれだけ控えめに言っても超可愛い。大学ですれ違う男の約9割が振り返るくらいに。そんじょそこらの可愛さとは一線を画す美貌なのだ

どう考えても俺とはつりあわない。もし俺がS子と手を繋いで街中をあるいたりなんかしたら、サトラレの如く「あの二人つりあってな~い」という声が聞こえてくるだろう

そんな子とデートなのだ。映画に行って、居酒屋で酒を飲む。おそらくその日は台風が九州に接近してると思うから、俺はわざと傘を忘れる。

そこで勝負です、人間として、男として、勝負です。(多分告白はしない)

そして確認したいのだ。自分の気持ちを。胸のドキドキを、血圧を、アドレナリンの分泌量を。

ああやっぱり俺は、自分のことになると、気持ちを上手く文章に還元できないや。今書いている文章だっていいたいことの半分も書き表せてない。

歯がゆいな、表現力のなさが

そして好きかどうかも分からない自分が

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年7月 5日 (水)

無題

中田英寿の引退

北朝鮮のミサイル発射

今日の面接

ゆうきんたの恋の行方

書くことは沢山あるんだけど、あるんだけどあるんだけど

寝ます

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月 4日 (火)

そして言わせてください

田上君へ・・・

色々と教えてください

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月 1日 (土)

雨降ってなんとやら

あっち~。

最近友達が来たりして、すっかりゴミ屋敷と化した部屋を片付けてました

俺のアパートは、立地的には申し分ないし、家賃だって学生の一人暮らしの相場から見れば5000円くらい安い

けどね、台所が超狭いの。しかも洗面台がないもんだから、水周りはあまり性能がよろしくない

社会人になったら絶対に水周りの快適な部屋に住んでやる。

あとあと!やっぱり1Kの間取りじゃ、狭いから、少しでも部屋を広く見せようと思って家具を低くするじゃん?これが嫌なんだわ

床に近い生活じゃなくて、ちゃんとご飯も机で食べれるようにしたいね。だから狙うは1DKの格安物件。

安くて良いものを探すのは得意なんだ。

それはそうと、この間受けた出版社の結果が来てて、受かってた

筆記なんか、どう好意的に言っても燦燦たるもので、絶対に受かるはずないって思ってたから、サプライズだわ

7月5日。再度上京です。

この前の東京遠征で、多分これが最後だろな~と思ってたんで、それに標準を合わせて貯金を使ってた。

やけど予想外に受かってたから、ゆうきんたくんはビックリ。もうお金は今月生きる分しかありません

ここは恥を忍んで親に借りるしかねーわな。どうせ最後だ。後悔しないようにやろう。

そんなこんなで、素っ裸で掃除を行ったゆうきんたでした

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »